Html logo

HTML名刺は、気取らない自己紹介サイトです。自分の簡単な自己紹介や実績をまとめておきたいけど、デザイナーでもないのに、おしゃれな画像が盛りだくさんの自己紹介サイトを作るのは少し恥ずかしい...そんな人のために作られた、シンプルなリンク集作成サイトです。

結城永人

作家・詩人・ブロガー

二十代から生まれ付きの作家を自覚して小説を中心に書く。
三十代からウェブサイトの作詩の公園で永遠の詩を書く。
四十代からブログの些細な日常で自由気儘にブログを書く。

ブログ

些細な日常

SNS

Twitter@nagahitoyuki
YouTube@upto24
Instagram@naghitoyuki
Tumblr@upto24
SoundCloud@pinelike
はてなブックマーク@pinelike

作家と文章の百選

アントナン・アルトー『神経の秤』
バルーフ・スピノザ『エチカ』
フランツ・カフカ『城』
アルチュール・ランボー『イリュミナシオン』
梶井基次郎『檸檬』
ロートレアモン『マルドロールの歌』
ルネ・デカルト『方法序説』
サミュエル・ベケット『名づけえぬもの』
フリードリッヒ・ニーチェ『善悪の彼岸』
シャルル・ボードレール『悪の華』
ハインリッヒ・フォン・クライスト『拾い子』
松尾芭蕉『おくのほそ道』
パウル・ツェラン『閾から閾へ』
マルクスとエンゲルス『資本論』
山本陽子『遙かする、するするながら Ⅲ』
モーリス・メーテルリンク『青い鳥』
芥川龍之介『歯車』
ジャン・ジュネ『泥棒日記』
中原中也『在りし日の歌』
ドゥルーズとガタリ『アンチ・オイディプス』
ヘンリー・ミラー『北回帰線』
アルベール・カミュ『異邦人』
太宰治『人間失格』
ライナー・マリア・リルケ『オルフォイスへのソネット』
フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』
銀色夏生『あの空は夏の中』
ミッシェル・フーコー『言葉と物』
ヘルマン・ヘッセ『ヘッセ詩集』
吉田兼好『徒然草』
フスト=ホルヘ・パドロン『地獄の連環』
ジークムント・フロイト『夢判断』
コンラート・ローレンツ『文明化した人間の八つの大罪』
浅田彰『ヘルメスの音楽』
R・D・レイン『引き裂かれた自己』
原口統三『二十歳のエチュード』
ウィーダ『フランダースの犬』
柄谷行人『隠喩としての建築』
エドガー・アラン・ポー『ポー詩集』
ジョナサン・スウィフト『ガリヴァー旅行記』
マルセル・プルースト『失われた時を求めて』
小林秀雄『モオツァルト』
レイモン・ラディゲ『肉体の門』
大岡昇平『レイテ戦記』
ダンテ・アリギエーリ『神曲』
清水志穂『君を待つあいだに』
ジャック・デリタ『グラマトロジーについて』
深沢七郎『楢山節考』
エリアス・カネッティ『もう一つの審判:カフカの「フェリーツェへの手紙」』
マーシャル・マクルーハン『メディア論:人間の拡張の諸相』
ジョルジュ・バタイユ『有罪者:無神学大全』
江國香織『落下する夕方』
ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』
ウィリアム・バロウズ『ジャンキー』
ジャン・コクトー『大股びらき』
ジャック・ケルーアック『路上』
アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』
ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』
ジョン・ゴールズワージー『林檎の樹』
J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』
横森理香『東京スリーズナイト』
夏目漱石『明暗』
寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』
ジャン=ポール・サルトル『存在と無』
マルコムX『マルコムX自伝』
ハインリッヒ・ハイネ『ハイネ詩集』
アイザック・アシモフ『ファウンデーション』
オスカー・ワイルド『幸福な王子』
グリム兄弟『ヘンゼルとグレーテル』
金子みすゞ『わたしと小鳥とすずと』
ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』
アラン・ロブ=グリエ『迷路のなかで』
ミハイル・バフチン『ドストエフスキーの詩学』
韓非『韓非子』
クロード・シモン『アカシア』
ガルシア・マルケス『落葉』
ウィリアム・シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』
チャールズ・ディケンズ『クリスマス・キャロル』
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『ジーキル博士とハイド氏』
ポール・ヴァレリー『テスト氏』
吉本隆明『超「20世紀論」』
内田百閒『冥途』
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ『ファウスト』
ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』
紫式部『源氏物語』
スタンダール『赤と黒』
プラトン『ソクラテスの弁明』
谷川俊太郎『二十億光年の孤独』
エマニュエル・カント『純粋理性批判』
マルキ・ド・サド『ソドム百二十日あるいは淫蕩学校』
辻征夫『いまは吟遊詩人』
ジョイス・キルマー『木とその他の詩』
石垣りん『表札』
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ『夜間飛行』
小林一茶『おらが春』
アントニオ・ネグリ『野生のアノマリー:スピノザにおける力能と権力』
松浦理英子『ナチュラル・ウーマン』
中上健次『枯木灘』
ジョン・メイナード・ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』
宮沢賢治『宮沢賢治詩集』
モーリス・ブランショ『来るべき書物』

文芸作品

Forevermore

テンプレート

Imaginary(Blogger用)