Html logo

HTML名刺は、気取らない自己紹介サイトです。自分の簡単な自己紹介や実績をまとめておきたいけど、デザイナーでもないのに、おしゃれな画像が盛りだくさんの自己紹介サイトを作るのは少し恥ずかしい...そんな人のために作られた、シンプルなリンク集作成サイトです。

絵画 の検索結果

yuji_arihara

有原悠二

詩と小説と音楽と

有原 悠二。
Yuji Arihara.
ありはらゆうじ。







小説家、詩人、

小説を書く。詩を書く。現代詩を書く。散文詩を書く。自由詩を書く。エッセイを書く。俳句を書く。短歌を書く。川柳を書く。コラムを書く。ブログを書く。曲を書く。歌詞を書く。名言を書く。格言を書く。キャプションを書く。コピーを書く。ポエムを書く。日記を書く。ほぼ100字小説を書く。ラブレターを書く。日常を書く。悲しみを書く。苦しみを書く。喜びを書く。きみを書く。自分を書く。駄文を書く。愛を書く。感動を書く。生と死を書く。

人間を書く。

ギターを弾く。

歌を歌う。

たまに絵も描く。

△ 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

【受賞・入賞・掲載歴】

〇2015年
・島根県民文化祭 散文の部
「海に溶けていく」銅賞受賞

〇2016年
・講談社 小説現代 八月号
ショートショートコンテスト
「追憶」入賞掲載

・島根県民文化祭 散文の部
「海と星くず」銅賞受賞

〇2017年
・島根県民文化祭
散文の部
「海辺の赤い影」金賞受賞

詩の部
「土中の遠吠え」銅賞受賞

〇2018年
・島根県民文化祭 詩の部
「17才」銀賞受賞

〇2019年
・島根県民文化祭 散文の部
「家族の花」知事賞受賞

詩の部
「昼下がりの公園にて」銅賞受賞

〇2020年
・島根県民文化祭 詩の部
「ありがとう、さようなら」銅賞受賞

・総合詩誌 PO
寄稿文「シティ・ライツ」掲載

・詩人会議 9月号
「ぼくの彼女はイカアレルギー」入選掲載

・詩と思想 10月号
「夜の邂逅」入選掲載

・詩人会議 11月号
「雨を眺めて」入選掲載

・詩と思想 12月号
「わたしの色」佳作

〇2021年
・詩人会議 2月号
「月夜の晩に」入選掲載

・詩人会議 3月号
「さざ波」入選掲載

・詩人会議 4月号
「流れる雲のように」入選掲載

・詩人会議7月号
「真冬の林檎」入選掲載

・詩人会議8月号
「詩人の一生」入選掲載

▲ 西野亮廣エンタメ研究所サロンメンバー
△ スイミングスクールのコーチ
▲ シナリオライター

現在、シングルマザーの彼女と小学生の娘と同棲中。

BASESHOPにて【小説セラピー】などの商品も販売しています。詳しくはこちらから→
過去のクライアント様の作品集はこちらから→
note
アメブロ

なにかご質問や聞きたいこと、相談したいことなどあればお気軽にコメントまたはメッセージ、DMまでお送りください。

これからもよろしくお願いします。

あなたの人生の
貴重な時間をどうもありがとう。

有原の作品集

・小説集
note→
アメブロ→

・詩、現代詩集
note→
アメブロ→

・絵、アート、イラスト集
note→
アメブロ→

BASE SHOP

有原工房

小説セラピー 過去のクライアント様の作品集

note
アメブロ

Instagram

名言、ポエム、俳句、短歌、川柳、エッセイなど
yuji_arihara

Twitter

小説、ほぼ100字小説、詩、現代詩など
@yuji_arihara

note

「初めての人生の歩き方。――毎晩きみにラブレターを」

アメブロ

「有原の頭の中はこんな感じ」

Facebook

お知らせとプライベートの近況報告など
有原悠二

YouTube

有原悠二 / 詩と小説と音楽と

略歴

島根県出雲市生まれ。

大阪に移り住みバイトを転々としながらエセ関西弁を取得。

八割の生徒がスウェットだった聞いたこともない大学を半年遅れで卒業。

奈良県在中。

a8naka24

中西彩 ― Aya Nakanishi―

日本刺繍作家

【次回展示】
●ヤングアーティスト旋風
アートアートアート
●松坂屋 名古屋店
南館1Fオルガン広場
●2020/08/26-09/01
●10:00〜20:00※最終日18:00まで

お問い合わせ

info@aya-nakanishi.com

SNS

Twitter: @a8naka24

Instagram: @a8naka24

海外EC:

作品について

日本刺繍に魅力を感じ、その技術を基盤に制作をしています。

私にとっての日本刺繍の魅力は、絹糸の輝き、繊細さ、糸の細さを操れる点、先人が培ってきて下さった技術、時の流れを感じられるところにあります。

素材や技術、色彩に触れたときの喜びが、制作のモチベーションです。

日常や非日常の中で、美しい、楽しい、面白い、と思ったことやものをモチーフとして、色彩・素材・技術・図案の相互作用を楽しみながら制作しています。
特に色彩は制作における大きな喜びであるため、絹布と絹糸の大半は手染めしています。

伝統的な日本刺繍のイメージに拘らず、その素材や技術がもつ美しさ、面白さを感じられる作品づくりを目指しています。

展示歴

2020
「アートフルな暮らし」(伊勢丹美術画廊/浦和)

「女子美・工芸・手しごと展 in Kyoto」(松栄堂/京都)

「今昔絵図展」(GINZA SIX Artglorieux GALLERY OF TOKYO/銀座)
「たんざく展」(伊勢丹アートギャラリー/新宿)

2019
「女子美術大学 工芸専攻 卒業・修了制作展2019」(スパイラルガーデン/青山)

「はなのかおり」(橋本図書館/橋本)

「川越風物詩」(小江戸蔵里/川越)

「たんざく展」(伊勢丹アートギャラリー/新宿)(新井画廊/銀座)(松坂屋/名古屋)

​「ISETAN呉服×女子美2019」(伊勢丹特選呉服/新宿)

「―大和美を紡ぐ― 中沢 梓・中西 彩展」(東武池袋店アートギャラリー/池袋)

「珈琲のある風景展」(ジャローナ/赤坂)

2018
「新春まんぷく!お年賀展2018」(FEI ART MUSEUM YOKOHAMA/横浜)

「つくるひと×つかうひと×みるひと展」(Gallery子の星/代官山)

「女子美・KOGEI・手しごと展」(LAPIN ET HALOT/表参道)

「Tablecloth Project 華めく」(スパイラルカフェ/青山)

「Book Lovers」(MOTOYA Book Cafe Gallery/初台)

「たまらなくかわいいアート展」(伊勢丹アートギャラリー/新宿)

「たんざく展」(八犬堂/池尻大橋)(伊勢丹アートギャラリー/新宿)(阿部敬四郎ギャラリー/仙台)

「ヤングアーティスト旋風art art art 2018」(松坂屋名古屋オルガン広場/名古屋)

「KENZAN2018」(東京芸術劇場/池袋)

「アキイロコバコ」(タピエスタイル/梅田ルクア1100・京都LAQUE四条烏丸・丸の内ビルディング・渋谷ヒカリエ)

2017
「夏のうちわ展」(FEI ART MUSEUM YOKOHAMA/横浜)

「KENZAN2017」(アレーナホール/二子玉川)

「ワン!ダフルニューイヤー」(伊藤忠青山アートスクエア/外苑前)

2016
「えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト第13回新作発表会」(タワーホール船堀/船堀)

「第40回日本ホビーショー2016 日本を感じるアート展」(東京ビッグサイト/国際展示場)

受賞歴

2019
女子美術大学 卒業制作 優秀作品賞

収蔵先

*チャーム・ケア・コーポレーション
(チャームプレミアグラン松濤/チャームプレミア柿の木坂/チャームプレミア山手町/チャームスイート新横浜)

*ホテル一宮シーサイドオーツカ

*個人蔵

ワークショップ

2019
「絹布と絹糸で作るオーナメント」(橋本図書館)

2018
「星のアクセサリー作り」(伊勢丹アートギャラリー/新宿)

わたし

1992神奈川生まれ
2015上智大学社会学科卒業
2019女子美術大学工芸専攻卒業