Html logo

HTML名刺は、気取らない自己紹介サイトです。自分の簡単な自己紹介や実績をまとめておきたいけど、デザイナーでもないのに、おしゃれな画像が盛りだくさんの自己紹介サイトを作るのは少し恥ずかしい...そんな人のために作られた、シンプルなリンク集作成サイトです。

テレビ の検索結果

iizukakun

飯塚大悟

構成作家

1982年生まれ・AB型
新潟県出身・東京都在住

▽Twitter
▽Instagram
▽お問い合わせ

【現在の担当番組】

●ぐるナイ(NTV)
●ヒルナンデス(NTV)
●ニノさん(NTV)
●帰れマンデー(EX)
●10万円でできるかな(EX)
●家事ヤロウ!!!(EX)
●サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん(EX)
●水曜日のダウンタウン(TBS)
●櫻井・有吉THE夜会(TBS)
●有吉ジャポン(TBS)
●霜降りミキXIT(TBS)
●中居大輔と夜な夜なラブ子さん(TBS)
●所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ(TX)
●内村のツボる動画大賞(TX)
●オードリーのオールナイトニッポン(LF)
and more...

【これまでの主な仕事】

NTV

●解決!ナイナイアンサー
●Woman on the Planet
●ヨロシクご検討ください
●もっとたりないふたり
●犬も食わない
●UWASAのネタ
●耳が痛いテレビ
●グサッとアカデミア
●コメンテーター予備校
●ウケる偉人伝
●NEWカップルS
●凄技!仮スマ動画
●ドラマちっくニュース
●B面政治家
●やりすぎ地球防衛軍
●女芸人No.1決定戦THE W
●NETA FES JAPAN
●さんま岡村特番
●24時間テレビ

EX

●いきなり!黄金伝説。
●よゐこの無人島0円生活
●陸海空 地球征服するなんて
●陸海空 こんなところでヤバいバル
●SMAPがんばりますっ!!
●帰れまサンデー
●ソノサキ~知りたい見たいを大追跡!~
●天才キッズ全員集合
●なら≒デキ
●運命のひと押し~ここで印鑑を押しますか?~
●俺の持論
●まとめないで!!
●見る人が見た!!

TBS

●クレイジージャーニー
●オールスター感謝祭
●オールスター後夜祭
●V6の愛なんだ
●新どうぶつ奇想天外
●ペコジャニ∞!
●なかい君の学スイッチ
●ラストキス
●1番だけが知っている
●林修の歴史ミステリー
●実録まさかのオーメン
●なにゆえのカリスマ
●似すぎてジワる
●マッチングⅣ
●KYOKUGEN
●カラオケ100点出した猛者のみ集まる音楽祭
●史上空前!!笑いの祭典ザ・ドリームマッチ

TX

●ポンコツ&さまぁ~ず
●超ポンコツさまぁ~ず
●内村のツボる動画大賞

CX

●フルタチさん
●有吉ダマせたら10万円
●めざましどようび
●ツギクル芸人グランプリ
●レディース有吉
●上沼恵美子×坂上忍の東西べしゃり歌合戦

NHK

●さよなら!アローン会
●笑あがき
●モンダイな条文

ラジオ

●3時のヒロインのオールナイトニッポン0

ライブ等

●ナイツ独演会
●たりふた SUMMER JAM '14
●オードリーのまんざいたのしい
●ニッチェ単独ライブ
●ウエストランド単独ライブ

yodadayo1991

Yutaro Yoda

宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士/2級ファイナンシャルプランニング技能士

1991年、兵庫県生まれ。1998年、世界人権宣言50周年記念切手コンクールジュニア部門にて優秀賞受賞(世界最年少受賞)。
【メディア掲載出演情報他】(2019年現在)

新聞

●産経新聞「与田君が優秀賞、最年少受賞者に」(1998年)

●神戸新聞「地球がにっこりしているよ、切手デザインで優秀賞」(1998年)

●読売新聞「郵便切手デザイン国内ジュニア部門、与田祐太朗君が優秀賞」(1998年)

●神戸新聞「シベリアの収容所、シラカバの皮で手作り、トランプに苦難の記憶」(2016年)

●読売新聞「祖父と戦争 後世へ動画、豊岡出身の兄弟撮影」(但馬)(2017年)

●北近畿経済新聞「91歳"生涯現役"、戦争体験の語り部も」(2017年)

●神戸新聞「祖父の戦争体験 後世に伝えたい、豊岡の與田祐太朗さん」(2018年) 他

書籍

●『孫たちへの証言ー記録することで戦争抑止へつなげようー』(新風書房/2018年)内収録
「シベリア抑留 栄養失調で生死の境をさまよう」(與田祐太朗 著)

テレビ/映像作品

●サンテレビ『情報スタジアム 4時!キャッチ』"氷点下40℃のシベリア抑留 祖父と孫の戦争証言" (2019年)

●サンテレビ『ニュースSUNデー』"祖父のシベリア抑留記 孫とともに未来へ" (2019年)

●NHK総合(報道番組:世界人権宣言50周年記念切手コンクールに関する報道)(1998年)

●岡山放送『なんしょん?』"花見特集" (2016年)

●J:COM『日芸アワー』"日本食が繋ぐ未来" (2015年)

●dTV(ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品(仮))(未定)

●他『半沢直樹(TBSドラマ)』等のドラマ・映画へのエキストラ出演

ラジオ

●FMジャングル(世界人権宣言50周年記念切手コンクールジュニア部門優秀賞受賞に関する報道)(1998年)

関連書籍

●『致知』(致知出版社)「生涯現役 元庄屋会長 與田純次(91歳)」(2017年2月号)

●『戦争の大問題』(丹羽宇一郎著/東洋経済新報社)(2017年)

WEB

●Yahoo!ニュース「祖父と孫の共同証言 氷点下40度のシベリア抑留」(2019年)

●サンテレビNEWS「祖父と孫の共同証言 氷点下40度のシベリア抑留」(2019年)

●神戸新聞NEXT「祖父の生々しい戦争体験、記録集に寄稿、豊岡出身の孫」(2018年)

●特定非営利活動法人8bitNews『みんなの戦争証言アーカイブス』"実業家/シベリア抑留 與田純次さんインタビュー" (2016年)

●神戸新聞NEXT「祖父の戦争体験を動画で発信、孫が帰省時に撮影」(2016年)

●OSAKA-INFO 大阪観光情報「千房のマヨネーズアート」(2014年)

●Jornal Nippak(ニッケイ新聞)「Top Takoyaki in Japan」(2015年)

●Japan ga suki「Habilidades de mestre dos artesãos do soba de trigo sarraceno」(2016年)

●TOKYO MAGAZINE「Sabores do Japão Takoyaki」(2017年) 他

上映作品

●国際有機農業映画祭2016
(会場:武蔵大学江古田キャンパス)
3分ビデオ(テーマ:未来を引きよせる)『お米が繋ぐ日本の未来』(2016年)

●美術作家 KEiKO萬桂氏 イベントプロモーション映像
(会場:豊岡市立美術館 伊藤清永記念館)(2012年)

●第1回 豊岡ちょっとムービーコンテスト
(会場:CINEMACTION豊劇-豊岡劇場-)
『Top Takoyaki in Japan』(日本文化研究家SantanaFonseca氏との共作) 3位入賞 (2015年)

●日藝の卒博 EXPO NICHIGEI 2015
(会場:日本大学江古田キャンパス)
『食が繋ぐ日本の未来』(2015年)

●日本文化研究家SantanaFonseca氏と共作したブラジル人向け日本文化発信映像
(会場:サンパウロ市の日本語学校) 他

その他メディア

●郵便局だより「記念デザインコンクールで優秀賞を受賞、与田祐太朗くん」(1998年)

●広報とよおか「ひとわだい」(1998年) 他

主な受賞歴

「世界人権宣言50周年記念切手コンクール」ジュニア部門 優秀賞 (1998年) 他

学歴

日本大学藝術学部(日芸) 卒業
慶應義塾大学大学院 中退

保有資格

宅地建物取引士
賃貸不動産経営管理士
2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP) 他

yodajirouemon

與田治郎右衛門

実業家/戦争体験語り部

與田治郎右衛門 (襲名前:與田純次)。
屋号「元庄屋」(江戸時代創業)。元大使館員。
大正14年(1925年)、兵庫県城崎郡竹野村(現:豊岡市)生まれ。
大日本帝國最後の徴兵検査を受けた兵隊。
大日本帝國陸軍に幹部候補生として現役入隊。
終戦後、2年間のシベリア抑留を強いられる。
90歳を超えた現在も自身が経営する会社で毎日働いている。
取材等お問い合わせは各種SNSメッセージ機能まで宜しくお願い致します。

書籍

●『戦争の大問題』
(体験談掲載:丹羽宇一郎氏からのインタビュー)(2017年、丹羽宇一郎著/東洋経済新報社)

●『シベリア慰霊訪問記』
「シベリア慰霊訪問団に参加した想い出」(チェプロオーゼロでの弔辞文掲載)(1997年、全国強制抑留者協会編)

●『孫たちへの証言−記録することで戦争抑止へつなげよう−』
「シベリア抑留 栄養失調で生死の境をさまよう」(2018年、新風書房)

●『致知』
「生涯現役 元庄屋会長 與田純次」(2017年2月号、致知出版社) 他

テレビ

●サンテレビ『情報スタジアム 4時!キャッチ』
「氷点下40℃のシベリア抑留 祖父と孫の戦争証言」(2019年)

●サンテレビ『ニュースSUNデー』
「祖父のシベリア抑留記 孫とともに未来へ」(2019年)

●NHK総合『サラメシ』
シーズン9 第10回
「社長のサラメシコーナー」(2019年)

新聞

●読売新聞 (1955年6月2日、但馬)「夏に備えの海水浴場プラン、浜辺一帯を遊園地化」

●産經新聞 (1976年1月19日、但丹ニュース)「シベリアの思い出いっぱい、シラカバのトランプ見つかる」

●神戸新聞 (1998年7月9日)「半世紀ぶりにシベリアへ、抑留体験した豊岡市の3人」

●神戸新聞 (2012年9月27日)「樹齢200年以上、町のシンボル、害虫被害 松伐採へ」(生家・竹野元庄屋に関する記事)

●神戸新聞 (2016年8月16日)「シベリアの収容所、シラカバの皮で手作り、トランプに苦難の記憶」

●読売新聞 (2017年3月19日、但馬)「祖父と戦争 後世へ動画、豊岡出身の兄弟撮影」

●北近畿経済新聞 (2017年5月1日)「91歳"生涯現役"、戦争体験の語り部も」

●神戸新聞 (2018年11月16日)「祖父の戦争体験 後世に伝えたい、豊岡の与田祐太朗さん」他

映像

●特定非営利活動法人8bitNews
『みんなの戦争証言アーカイブス』
「実業家/シベリア抑留 與田純次さんインタビュー」(2016年)

●関西電力 でんかライフ.com
企業インタビュー「給湯器の老舗 株式会社 元庄屋」(2008年) 他

雑誌

●致知出版社 月刊誌『致知』(2017年2月号)「生涯現役」

●大和ハウス工業会報誌『にふょん』(2017年5月号)「三方よし」他

WEB

●Yahoo!ニュース (2019年8月21日)【特集】「祖父と孫の共同証言 氷点下40度のシベリア抑留」

●東洋経済オンライン (2017年9月18日) 丹羽宇一郎「対北朝鮮政策は、満州事変の教訓から学べ」

●サンテレビNEWS (2019年8月21日)【特集】「祖父と孫の共同証言 氷点下40度のシベリア抑留」

●神戸新聞NEXT (2018年11月15日)「祖父の生々しい戦争体験、記録集に寄稿、豊岡出身の孫」

●みんなの戦争証言アーカイブス (2016年、特定非営利活動法人8bitNews)「実業家/シベリア抑留・與田純次さんインタビュー:冬は零下40度です、部屋の中にいても死んだら凍って棒状になるんです」

●神戸新聞NEXT (2016年8月16日)「トランプに残る戦争記憶、シベリア抑留経験の男性」

●神戸新聞NEXT (2016年8月15日)「祖父の戦争体験を動画で発信、孫が帰省時に撮影」

●Crayonホームページコンテスト2019 結果発表 (2019年12月6日)「【1位】與田治郎右衛門 Official Site」

●関西電力 (2008年、でんかライフ.com)「企業インタビュー 株式会社 元庄屋」

●かんでんEハウス (2018年、かんでんeショップ)「豊岡市 株式会社 元庄屋」他

撮影協力(映画/ドラマ)

●NHK BSプレミアム『あったまるユートピア』
協力:㈱元庄屋(撮影場所提供)/㈱ライフィット(撮影物件紹介) (2018年)

●映画『SUPPINぶるうす ザ・ムービー』
監督:今井雅之
協力:㈱ライフィット/㈱元庄屋 (2004年)

関連書籍

●『この記録わすれまじ』(所属隊員欄に名前掲載)(1979年、独工十八柳生会編)

●『遊行日鑑』(先祖の名前が記されている)(1979年、角川書店)

●『竹野町歴史年表』(生家に保存されていた江戸時代の古文書が掲載)(1985年、竹野町史編さん委員会編)

●『竹野町史 通史編』(生家に保存されていた江戸時代の古文書が掲載)(1990年、竹野町史編纂委員会 編)

●『北前千石船の里』(先祖の名前が記されている)(1994年、竹野町ふるさと振興課)

●『Fetal & Neonatal Medicine』「私のモチベーション」(東邦大学医学部教授である長男が父・與田治郎右衛門とのエピソードを語る)(2014年4月号、メディカルレビュー社)

●『COURSE』(高校生向け就活応援冊子:元庄屋企業グループ ㈱ライフィットが掲載)(2018年、北星社) 他

教育機関等

●第41回【全国高等学校総合文化祭】(アナウンス部門) (2017年) (兵庫県立小野高等学校・アナウンス原稿「未来(あした)へ…」)

●第59回【東京歴史勉強塾】(東京れきべん) (2016年) 講師:歴史学者 久野潤氏 (與田純次の戦時中の体験談が紹介されました。) 他

受賞等

●1991年、海部俊樹(第76/77代)内閣総理大臣より、シベリア抑留に対する慰藉の念として「銀杯」と「書状」が授与される。
(その後も2007年に福田康夫首相、2010年に菅直人首相から書状が授与されている。) 他

SNSリンク

●Facebook

●YouTube

●Instagram

●Amebaブログ

●Twitter