Html logo

HTML名刺は、気取らない自己紹介サイトです。自分の簡単な自己紹介や実績をまとめておきたいけど、デザイナーでもないのに、おしゃれな画像が盛りだくさんの自己紹介サイトを作るのは少し恥ずかしい...そんな人のために作られた、シンプルなリンク集作成サイトです。

アメブロ の検索結果

yuji_arihara

有原悠二

詩と小説と音楽と

有原 悠二。
Yuji Arihara.
ありはら ゆうじ。







小説家、詩人、シンガーソングライター
(を目指して)

日々、詩と小説の執筆活動と音楽活動をしながら、各種SNS(アメブロ、note、Instagram、Twitter、YouTube等)を毎日投稿しています。

書く内容はすべて変えています。

☆ 毎週末には詩、小説、絵を投稿させていただいています。

小説を書く。詩を書く。現代詩を書く。エッセイを書く。俳句を書く。短歌を書く。川柳を書く。コラムを書く。ブログを書く。曲を書く。歌詞を書く。名言を書く。キャプションを書く。コピーを書く。ポエムを書く。日記を書く。ほぼ100字小説を書く。ラブレターを書く。日常を書く。悲しみを書く。感動を書く。

ギターを弾く。

歌う。

たまに絵も描く。

△ 西野亮廣エンタメ研究所 サロンメンバー
▲ 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー
△ スイミングスクールのコーチ

ライター / アクセスバーズ / レイキ / 氣 / 瞑想 / バンド / 水球 / 旅人 / 空手(してみたい)

好奇心 と 感性

読書、音楽、映画、マンガ、楽器、旅行、アウトドア、インドア、筋トレ、スポーツ、自然、温泉、銭湯、散歩、引きこもり、健康オタク、、、

現在、シングルマザーの彼女と小学生の娘と同棲中。
自身の鬱病などの経験をもとに、読んでくれた人の心が少しでも軽くなるようなサイトを立ち上げようと奮闘中です。
また「小説セラピー」や詩の販売などもさせていただいています。詳しくはベイスショップかアメブロ、noteを見ていただけると幸いです。

長々となりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

あなたの人生の
貴重な時間をどうもありがとう。

Ameba アメブロ (毎朝更新)

「有原の頭の中はこんな感じ」

note (毎晩更新)

「初めての人生の歩き方。――毎晩彼女と君にラブレターを」

Instagram (毎朝更新)

ほぼ100字小説、詩、現代詩、俳句、短歌、川柳、エッセイ、コラム、名言など
yuji_arihara

☆写真も募集中です。
あなたの写真に俳句、短歌、川柳をつけて投稿させていただきます。
詳しくはInstagramまで。

Twitter (毎昼毎晩更新)

小説、ほぼ100字小説、詩、現代詩
@yuji_arihara

YouTube (不定期更新)

詩、現代詩、小説の朗読と弾き語り
有原 悠二 / 詩と小説と音楽と

Facebook(不定期)

お知らせとプライベートの近況報告など
有原悠二

BASE SHOP

有原工房(小説セラピーや詩の販売)

ホームページ(ブログ)

ただいま調整中です。

略歴

島根県出雲市生まれ。
進学のために大阪に移住、魔の一人暮らしの開始。
酒と引きこもりを覚えて二十歳の時にアル中と診断されてから鬱を始め様々な精神疾患に侵され華の二十代を悪夢のように過ごす。
30代になって克服。住み慣れた大阪から奈良へ引っ越しし、現在は彼女と小学生の娘と毎日を楽しく過ごす日々。

奈良県在中。

いつか世界を旅する予定です。
上京する機会を常に伺っています。

受賞・入賞歴

【2015年】
・島根県民文化祭 散文の部
「海に溶けていく」
銅賞受賞

【2016年】
・講談社 小説現代 八月号
ショートショートコンテスト
「追憶」
入賞掲載

・島根県民文化祭 散文の部
「海と星くず」
銅賞受賞

【2017年】
・島根県民文化祭
散文の部
「海辺の赤い影」
金賞受賞

詩の部
「土中の遠吠え」
銅賞受賞

【2018年】
・島根県民文化祭 詩の部
「17才」
銀賞受賞

【2019年】
・島根県民文化祭 散文の部
「家族の花」
知事賞受賞

詩の部
「昼下がりの公園にて」
銅賞受賞

【2020年】
・島根県民文化祭 詩の部
「ありがとう、さようなら」
銅賞受賞

・総合詩誌 PO
寄稿文
「シティ・ライツ」
掲載

・詩人会議 9月号
「ぼくの彼女はイカアレルギー」
入選掲載

・詩と思想 10月号
「夜の邂逅」
入選掲載

・詩人会議 11月号
「雨を眺めて」
入選掲載

・詩と思想 12月号
「わたしの色」
佳作

【2021年】
・詩人会議 2月号
「月夜の晩に」
入選掲載